「日本の科学者」2018年5月号
jjs-cover-s

読書会日時:2018年5月14日(月曜日)午後2時〜5時
読書会場所:ふくふくプラザ(福岡市市民福祉プラザ)604室

『日本の科学者』2018年5月号<特集>大気汚染と健康影響をめぐる問題

久志本俊弘:大阪での住民によるNO2簡易測定の経過と健康影響調査
      ─NO2濃度と健康影響との相関
西川 榮一:「サーベイランス調査」に見るNO2汚染の健康影響
鈴木 隆仁:大気汚染と気管支ぜん息との因果関係について
頼藤 貴志:大気汚染による健康影響─疫学研究の知見より
尾崎 寛直:新たな大気汚染公害被害者救済制度はなぜ必要か





inserted by FC2 system